新書874「ネコ型」人間の時代 (平凡社新書)

3.42
  • (0)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 8
著者 :
みつひろさん 新書   読み終わった 

 人間のタイプを「イヌ型」と「ネコ型」に分類し、その社会的な行動性を述べたものである。一見すると占いのような安易な感じが漂う分類法だが、読み進めるうちに本気で書かれているものであることが分かる。
 イヌ型人間の形成する社会というのは中根千枝氏のいうタテ社会と類似する点が多い。一人もしくは一つの集団に集中して忠誠をつくすことで関係性が保たれるものであり、閉鎖的保守的な雰囲気が形成されやすい。
 対してネコ型というのは組織の中での序列を重視せず、個々人がスペシャリストとして対等に関わることを志向する人のタイプと述べる。適度な関わりを多数ともつことで社会性を確保するというものである。
 AIのような高度な技術が生まれても代替されないのは、非連続的で直感的な人と人とのつながりであるから、ネコ型人間のほうがこれからの社会に対応できるという。
 親しみやすい分類法や大胆な分析の方法が本書の面白さだ。多少強引な感じもするのだが、それは書き手もネコ型を目指しているからだろうか。

レビュー投稿日
2018年8月6日
読了日
2018年8月6日
本棚登録日
2018年8月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新書874「ネコ型」人間の時代 (平凡社...』のレビューをもっとみる

『新書874「ネコ型」人間の時代 (平凡社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする