純ジャパの僕が10カ国語を話せた 世界一シンプルな外国語勉強法

3.73
  • (6)
  • (15)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 201
レビュー : 16
著者 :
もの知らずさん  未設定  読み終わった 

 語学学習には究極的に二つの立場があると思う。理論から入るか、実践から入るか。もちろん本当の実践派というのは「その言語の国に行ってね」という話だから解説本にするのはほとんど無理である。なので理論的な学習を否定して「まず実践」という姿勢をとる本であっても、「最低限の文法や言い回しは覚えてね」という本が多いと思う。

 それでこの本も「まず実践」という態度の本ではあるのだが、言い回しなどではなくて単語レベルから出発するところが面白いと思った。例えば英会話の本なら "would you~" というような言い回しが必ず出てくるけれど、本書はそれですらない。本当に必要な200程度の単語、すなわち海で溺れないための「犬かきの単語」から出発する。そしてネイティブ話者と文章や音声による会話でその単語を使ってゆく。あくまでも話す感覚を身に着けることが大切であると言うのは、まさに「話すため」に特化した著者が導き出した学習法なのだろう。

 とはいえ、10か国語を操る著者という時点で著者との距離感を感じてしまうのも凡人の悲しい性、わずかな救命道具だけをもって戦場に飛び込み自らを鍛え上げてゆくこの方法が凡人の私に出来るだろうかとも思ってしまうところである。ただ、そういう読者のために「オンライン英会話も有効」と薦めてくれる著者だから、本書を手に取って気合いを入れて新たな言語学習を新しい方法で試してみるのもよいかもしれない。

レビュー投稿日
2020年9月12日
読了日
2020年9月12日
本棚登録日
2020年8月9日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『純ジャパの僕が10カ国語を話せた 世界一...』のレビューをもっとみる

『純ジャパの僕が10カ国語を話せた 世界一シンプルな外国語勉強法』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする