花の妖精たち 春 (FLOWER FAIRIES BOOKS)

  • ほるぷ出版 (1994年7月1日発売)
3.83
  • (2)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
5

花の妖精たちのシリーズのひとつ。

クロッカスやひなぎく、たんぽぽ…他、春のはなの妖精たちのうたが載っています。


※ここから先は全ての花の妖精たちシリーズのコメントに添えています。

小さな頃に図書館で読んで、ずっと好きで手元に置きたくて置きたくて
探しまくって、見つけました。
私が持っているのは実際にフェリシモ出版のものなのですが、
図書館で読んでいたのはこのほるぶ出版のものです。
英文と和文ありますが、どちらも素敵だと私は感じます。
白石かずこさんの和訳はぴったりでしっくりきますし、
読めない英語でも充分伝わるものがあるからです。

フェリシモ出版に比べてほるふ出版は小さくて、少し荒さも目立ちますが
持ち歩くにはちょうど良い大きさ。
まだこちらは中古で手に入る機会もあります。
ただお値段がそうとうなので、購入はよく考えて。
図書館で借りる事も出来きます。

晴れた日のピクニックに持参して、お外で本物の花を見ながらランチを食べて
この絵本を開くと、なんとも言えない幸福感になります。
美味しい紅茶とケーキがあれば最高です♪
(借りた本をピクニック持って行く時は要注意。古い本なので痛みやすいです。
丁寧すぎるぐらいの扱いで、ちょうど良い思われます)

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 絵本
感想投稿日 : 2008年5月12日
本棚登録日 : 2008年5月12日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする