知の超人対談―岡本行夫・佐藤優の「世界を斬る」 (産経新聞社の本)

3.36
  • (0)
  • (6)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 5
s.kitamiさん 政治   読み終わった 

 元外務省二人による意欲的かつ創造的な対談。時期は2008年だが、現在でも色褪せず充分な示唆に富んでいる。

 内容は世界情勢全般にわたっており、とても紹介しきれないが、冷戦後の世界構造の激変が最大のテーマ。つまり大国による新たな帝国主義的覇権構造を十分に認識し、日本もまた大国としての帝国主義国との認識に立って対外的に「振る舞い」をするべきと説いている。

 量質ともに読み応えのある内容がぎっしり詰まっており、読後の充実感ひとしおである。

レビュー投稿日
2012年4月11日
読了日
2012年4月10日
本棚登録日
2012年3月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『知の超人対談―岡本行夫・佐藤優の「世界を...』のレビューをもっとみる

『知の超人対談―岡本行夫・佐藤優の「世界を斬る」 (産経新聞社の本)』にs.kitamiさんがつけたタグ

ツイートする