恋する男子に星を投げろ! 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ)

著者 :
制作 : 春日すもも 
  • KADOKAWA (2020年3月26日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 1

2020/03/29購入・09/19読了。

第1話 文芸部は廃部です。
主人公の北川晴陽(はるひ)はピクスターというサイトに掲載されているBL小説「君とブランコ」の更新を毎日楽しみにしている普通の男子高生。
同じクラスの親友で、容姿端麗成績優秀な「BLの攻めみたいな奴」西園智也と仲良く登校。とはいえ特に友達以外の感情はない。学校に着くと期末テストの結果が張り出されていた。珍しく智也が二位だった。ちょうどその場で一位だった転校生の南野千里(せんり)に出会す。謎の視線を晴陽に向け、目が合うと視線を逸らし、去っていく千里。

場面変わって…とある廊下。晴陽は文芸部の部長をしているが、本を読むだけで、まともな活動をしていなかった。そのため、顧問に「このままだと廃部だからな」と最終宣告を言い渡される。暗い気持ちで文芸部室に来た晴陽。同じ3年の東山、下尾(しもお)、上松の3人が待っていた。ちなみに西園も部員(名前だけ)。最終宣告の話を3人にも伝えて本を出そうと提案する晴陽。最初は乗り気でなかったが、最終的にはやる気になってくれた。ただ好きなジャンルがバラバラ過ぎて、ジャンルをどうするかで悩んでしまう。そこで好きなジャンルの話になった時、主人公の好きなジャンルがBL小説だとバラす羽目に。変な誤解がないよう、「君とブランコ」を皆に勧める晴陽。難なく3人はBLを受け入れ、なんと出す本のジャンルに決めてしまい、BL短編小説のコンテストの受賞を目標にするのだった。

小気味良いキーボード音。タタンタタン…タン。そこには南野の真剣な表情が暗闇の中で浮かび、文章を打つ姿があった。

で、感想…こうして文章に書くと所々場面転換が急だけど、あまり違和感なく読んでしまった。

第2話 南野って誰?
冒頭の「皆でボーイズラブすることになった」は笑った。智也でなくても吹く。
そして文芸部に送られた読書感想文集で南野の文章を読んだ時に、「君とブランコ」の作者Namiだと気付き、屋上で本人に言い放つ晴陽。何考えてるんだろう…?

第3話 Namiの正体
しかしよく晴陽はNamiの正体が分かったなと思う。私はいくら好きな作家さんでも別のペンネームで書いていたら気づける自信は全くない。それ程好きな作家さんがいないのかもしれないけれど…。
Namiに小説の書き方を教わる晴陽。情熱は素晴らしいけど、果たして実は結ぶのか。
そして南野に関わることを西園に突然止められる晴陽。いったいどうして?

第4話 プロット発表
いきなり手厳しいNami先生。茶番とか、そこまで言わなくても…

第5話 現実
現実はそんなに甘くないことを突き詰められた2回目。彼らは立ち直れるといいなぁ… そして追い込む晴陽。いい子だな。

第6話 涙のあとに…
南野と仲直りできてよかった。南野の片思いの相手が男性で、その思いを「君とブランコ」にこめていると聞いて、複雑な気持ちになる晴陽。そして最後には西園に思いを告げられる。どうなる晴陽。

総括
この小説、オンラインで公開されているので(確かpixivかな?)この1巻を読んだ後、一気に全部読んでいるのですが、ゆとと先生の漫画、表情豊かで引き込まれるのでとても読みやすく、2巻も楽しみです。
あとなんとなく桑田乃梨子先生っぽい絵柄も魅力的です。(好き)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: BL漫画
感想投稿日 : 2020年9月18日
読了日 : 2020年9月19日
本棚登録日 : 2020年4月29日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする