星のかけら PART(1) (講談社青い鳥文庫)

3.86
  • (16)
  • (6)
  • (19)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 95
レビュー : 13
麻野さん  未設定  読み終わった 

小学四年生のときに読んだ本。最近ふと思い出し検索して漸く発見。

人工受精やレイプ、様々な愛情から成り立つこの話は小学校高学年向けにしては重かった記憶がある。主人公の報われない想いや登場人物たちの心境に当時は切なくて仕方がなかったが、今考えると随分もどかしい言動をしていたのだなと思う。素晴らしいハッピーエンドじゃないから記憶にあったのかもしれない。

ただこの小説を読んで、幼いながらに物書きの素晴らしさに感銘を受けたのは鮮明に覚えている。

レビュー投稿日
2011年7月12日
読了日
2011年7月12日
本棚登録日
2011年7月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『星のかけら PART(1) (講談社青い...』のレビューをもっとみる

『星のかけら PART(1) (講談社青い鳥文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする