ここに消えない会話がある

3.30
  • (26)
  • (70)
  • (117)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 609
レビュー : 116
skmtさん 山崎ナオコーラ   読み終わった 

『ここに消えない会話がある』

新聞のラテ欄を作る仕事をする若者たちの話。
同じ職場なのに、雇い主が違ったりして色々と複雑。


読み出してすぐに、「またラテ欄ですかナオコーラさん」とツッコミを入れてしまった。
何気ない会話シーンを、日常の思想シーンのなかに格言めいたセンテンスが入ってくるのはいつもの調子。安心のナオコーラクオリティ。


--------------------------------

『ああ、懐かしの肌色クレヨン』

工場で働く鈴木は先輩の山田さんが転職することを知り、
彼をデートに誘う。
鈴木は色が白い女で、山田さんは優しい男性。


色が白いことの描写があんまり詳しくなかったけど、彼女はアルビノだったのかな。よくわからないけど、惹きこまれる話だった。


アルビノについて
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%8E

レビュー投稿日
2013年6月26日
読了日
2013年6月24日
本棚登録日
2013年6月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ここに消えない会話がある』のレビューをもっとみる

『ここに消えない会話がある』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする