死にたい夜にかぎって

4.10
  • (42)
  • (31)
  • (21)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 590
レビュー : 54
著者 :
skmtさん 爪切男   読み終わった 

六年間同棲したアスカさんとの思い出話と自身の生い立ちや父との関係、初体験、いくつもの恋を心地よく追体験できる名作。

セックスやオナニー、風俗などの性にまつわる話、父親との不思議な関係、ひと時でも優しくしてくれた女の人たち、そして、アスカさん。すべてに愛情を感じた。しょうもないオナニーですら、回りまわってアスカさんへの愛だった、と感じるほどだ。
様々な時期のことを面白おかしく書いているけど、実際は笑えない時間ばかりだったのではないかと思う。でも、アスカさんとの約束で笑える洒落みたいに書かれていた。愛だよな、やっぱり。

嬉しいだろうな。昔からの夢が叶うことを、昔愛していた人に伝えるなんて。
かっこいいな。愛した人にフラれて死にたくなっても、それでも生きて夢を叶えるなんて。

レビュー投稿日
2018年4月25日
読了日
2018年4月23日
本棚登録日
2018年4月23日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『死にたい夜にかぎって』のレビューをもっとみる

『死にたい夜にかぎって』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする