神戸発阪神大震災以後 (岩波新書 新赤版 (397))

3.38
  • (2)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 13
著者 :
sky-readerさん 本・雑誌   読み終わった 

1995.年1月17日、この日、私は、まだ高校生でした。

震源地から遠いN県に死んでいましたが、TVで入って来る映像にただただ茫然としたことを
覚えています。

その半年後の社会の今を切り込んだ1冊

病院やテント村などそれぞれの施設の変化今後の在り方、現場の変化、ボランティアと被災者

物理的、精神的な言いようのない葛藤、新しい街づくり、新しい生活への一歩に踏み込んでいる1冊

私は、この本を1年後に購入、購読しました。

地震大国日本の在り方を訴えかける1冊だと思います。

レビュー投稿日
2018年10月28日
読了日
1996年2月5日
本棚登録日
1996年2月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神戸発阪神大震災以後 (岩波新書 新赤版...』のレビューをもっとみる

『神戸発阪神大震災以後 (岩波新書 新赤版 (397))』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする