セーラー服と機関銃 (角川文庫)

3.52
  • (30)
  • (70)
  • (105)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 603
レビュー : 79
著者 :
sky-readerさん 本・雑誌   読み終わった 

高校2年の星泉は、父をヤクザの組長に持つ。
父が他界してしまい、組員4人の小さなヤクザ・目高組の組長になることに・・・

それが公になり始めるころ、殺人事件や部屋が荒らされたり、部首そうな出来事が多発し始める・・・

裏には、行方がわからなくなった大量のヘロインの影が・・・

組同士の壮絶な抗争が始まる気配が・・・


組長、星は、毅然とセーラー服姿で立ち上がる


薬師丸さん主演の映画をTVで見てこれはと思い、そこから原作を読んだ1冊です。

レビュー投稿日
2018年10月28日
読了日
1995年9月20日
本棚登録日
1995年9月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『セーラー服と機関銃 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『セーラー服と機関銃 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする