真珠母の匣 (講談社文庫 な 3-6 とらんぷ譚)

著者 :
  • 講談社 (1988年9月1日発売)
3.50
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 4
5

400
きらびやかな宝石の匣。だが開けてみると、肝心の宝石は消えうせ、赤い絹布の窪みだけが残っている。この匣は虚とか不在と名づけられるべき、天与の贈りものであろうか。戦争の傷をその後の人生に刻した三姉妹を美しい宝石匣の虚になぞらえ、妖美壮麗の小説世界を築く幻想文学の傑作。会心の連作集「とらんぷ譚」の完結編。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 幻想
感想投稿日 : 2009年2月28日
本棚登録日 : 2009年2月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする