乾山晩愁 (角川文庫)

3.00
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
著者 :
skyharuさん  未設定  読み終わった 

織田、豊臣、徳川の時代は武士が注目されるが絵師を中心に書かれていて面白い。
作者は…武士の修羅ではなくもう一つの修羅を書きたかった。

尾形乾山は尾形光琳の弟である。光り輝く存在の周りにやわらかな色彩で温かみとふくらみのある存在があって光を支えていると作者は考えた。

レビュー投稿日
2014年1月4日
読了日
2014年1月4日
本棚登録日
2014年1月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『乾山晩愁 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『乾山晩愁 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする