門 (新潮文庫)

3.51
  • (142)
  • (254)
  • (490)
  • (45)
  • (7)
本棚登録 : 2594
レビュー : 219
著者 :
スカイプ読書会 宮澤さん 日本文学   読み終わった 

京都大学時代の友人、安井の事実婚の妻を略奪した宗助は、親告されなかった姦通罪により、徳義のうえで親族から義絶される。その因果で、御米は三回子作りに失敗する。市役所職員として、御米と逼塞して暮らすが、実家の財産の相続に失敗したために年の離れた弟、小六の学資が不足してしまう。弟を、御米との二人きりの寓居に引き取るが、先のあてはない。大家の坂井が、好意から小六を書生に引き取ることを提案するが、なんと坂井の弟は安井のビジネスパートナーであった。彼は、安井から逃げるように参禅するが俗世にしか生きられないことを知る。

レビュー投稿日
2014年11月12日
読了日
2014年11月12日
本棚登録日
2014年11月12日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『門 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『門 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『門 (新潮文庫)』にスカイプ読書会 宮澤さんがつけたタグ

ツイートする