リラ荘殺人事件 (角川文庫 緑 374-6)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
3

鮎川哲也氏の有名な作品。やっと読みました。
初出は50年以上前?の作品だけど、今読んでも十分面白かった。
容疑者が絞られてきても最後の最後まで犯人が分らなかった。
医者とか警官が「ペロッ…これは…砒素!!」を素でやってて笑った。
以前、綾辻&有栖川のミステリ・ジョッキーという本で鮎川作品の短編を読んだことがあるのですが、その時に読んだ作品が衝撃的に面白かったので、そういうのを期待してたんですが、あっさり終わってしまってちょっとだけ残念。
探偵好きとしてはもうちょっと星影さんの活躍が見たかったところ。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ミステリ
感想投稿日 : 2014年12月2日
読了日 : 2014年11月28日
本棚登録日 : 2014年11月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする