リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫

3.74
  • (201)
  • (168)
  • (315)
  • (24)
  • (7)
本棚登録 : 1515
レビュー : 109
著者 :
鮎さん ミステリ   読み終わった 

下巻。
上巻途中で挫折しそうになりましたが、髙村ファンの友人のレクチャーを経て、各諜報機関とそれぞれのキャラクターがどのように関係しているかを把握した上で読み進めると、物語の展開が俄然面白くなった。
最後、ある人物がペラペラと真相を話して終わりっていうのはちょっとあっけなかった気がする。話が壮大すぎて、あれだけ死者を出して大騒動を起こした理由が、あまりピンときませんでした。
物語も、それぞれの人間関係も、重厚すぎてとにかく疲れた。
また時間を置いて再読したい。

レビュー投稿日
2019年2月21日
読了日
2019年2月20日
本棚登録日
2019年2月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫』のレビューをもっとみる

『リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『リヴィエラを撃て〈下〉 新潮文庫』に鮎さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする