スタイルズ荘の怪事件 (新潮文庫)

3.47
  • (2)
  • (12)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 8
鮎さん ミステリ   読み終わった 

アガサクリスティのデビュー作でポアロ初登場の作品。
この新潮版では「ポアロ」ではなく「ポワロ」と表記されていますが、なんとなく「ポアロ」の方がしっくりくる。
まだヘイスティングズとの間柄も少しぎこちなさがある感じ。ヘイスティングズの惚れっぽくてお人好しなところは好感が持てます。今まで読んできたポアロはどれも紳士然としていたけど、意外と奇人っぽいとこもあるんですね。
ポアロはヘイスティングズの推理をことごとく否定するけどその理由をその場で言ってくれないのでもやもやした。古今東西探偵というものは焦らすのがお好きなようです。新訳のクリスティ文庫の方でも機会があれば読んでみたい。

レビュー投稿日
2016年6月6日
読了日
2016年6月6日
本棚登録日
2016年6月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『スタイルズ荘の怪事件 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『スタイルズ荘の怪事件 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『スタイルズ荘の怪事件 (新潮文庫)』に鮎さんがつけたタグ

ツイートする