日本の課題は、「現場主義がもたらす、ダブルスタンダード」
・新しい国際規格・標準がもたらされたときに、これまでのやり方を変えずに、併用してみるという折衷案。壮大なムダの放置

2017年3月 「ハノーバー宣言」
2018年   「ものつくり白書」
 1、人材の量的不足に加え質的な抜本的変化に対応できていない恐れ。
 2、従来「強み」と考えてきたものが、成長や変革の足かせになる恐れ
 3、経済社会のデジタル化などの大きな変革期の本質的なインパクトを経営者が認識出来ていない恐れ
 4、非連続的な変革が必要であることを経営者が認識出来ていない恐れ

単純に技術が不足しているからというだけでなく、経営や社会の側に意識が足りない(気づきがない)という危機感

2019年6月9日

読書状況 読み終わった [2019年6月9日]
読書状況 いま読んでる
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 読みたい
読書状況 いま読んでる
読書状況 いま読んでる
読書状況 いま読んでる

隙間時間を使って読み進めた。まあさらっと読める部類。
プロジェクトマネジメントの考え方、方法が指南されている。見開き1ページ目の、なぜあなたのプロジェクトは「炎上」するのか?が強烈。
読み進めてみると、「炎上」するには訳があるのと、「炎上」しないために、どうするかが分かった。


・目的を持たない組織はやがて消滅することになり、目的を持たないプロジェクトが成功することは絶対にない。
・停滞している恐恐に対し、「そもそも、何のためにやるのか?」「そもそも解決したい問題は何なのか?何のためにもともと始めたことなのか?」と問いに関係者の意識を振り向けること。
・プロジェクトの目的を明確化する。リーダーは夢を見る力を部下やプロジェクトのメンバーに持たせなければならない。
・ウィリアム・ジェームズ「行動を変えれば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。」

2019年3月17日

読書状況 読み終わった [2019年3月17日]
カテゴリ ビジネス・経済

読書状況 読み終わった [2019年3月17日]
カテゴリ ビジネス・経済

ほぼ既知の内容。さらっと読み終えた。

・仕事をシンプルにする。
 1、感情の波を小さくする。
 2、立ち止まる。
 3、長期的な視点を持つ。
 4、社内の人間と戦わない。
・無理なこと、無駄なことをやらない、仕事の原則を意識。
・常に「全体最適」を考える。
 =仕事全体の効率や生産性を最適化する。
・円滑に動くチームの作り方
 1、会社の戦略を自分の頭に叩き込む
 2、会社の戦略を部下と共有する
 3、部下に役割を与える
 4、部下を「その気」にさせる

2019年3月17日

読書状況 読み終わった [2019年3月17日]
カテゴリ ビジネス・経済

表題の通り、上司の指示なしに、自分で考えて動く部下を育てたく、読んでみた。現状は、自分で動ける部下と、動けない部下に大別される。動けないのは何故かを解き明かすのと、指導の仕方の参考にしてみた。
また、新しいメンバも多く、早期戦力化が必要なためだ。
以下に共感できたポイントを示す。


・上司の戦略は、教え方の基本「蔵・修・息・游」
 憶えようとするだけで必死になる時期が蔵。習い憶えたことをマスターしようと、繰り返しえし練習に励む段階が修。その結果、呼吸をしているように、無意識に技を発揮できるレベルに達するのが息。そのように完全にマスターした技術で、遊びにも似た新たなチャレンジをしてみるのが游。

・新人の評価のポイント
 1年目は、仕事を熱心に覚えようとしたか?
 2年目は、仕事が少しずつできるようになってきたか?
 3年目は、指示がなくても自分で仕事ができるようになってきたか?
 4年目以降、「自分の頭で考え、行動する部下」

・ソクラテスの産婆術
「無知な人間同士が語り合うことで新しい知を産む」
「相手の答えに対し、新しい情報を加味して、新たに質問する」相手は新しい情報とも矛盾しないで済む新たな仮説を唱える必要に迫られる。

・「仮説的思考」と身に着ける
観察 → 推論 → 仮説 → 検証 → 考察の5段階

・うまくいかないことがあった時というのは、もうダメだというサインではない。やり方を変えろというメッセージだ。

2019年3月17日

読書状況 読み終わった [2019年3月17日]
カテゴリ ビジネス・経済

ディープラーニングとはなんぞや?と様々な活用事例が分かります。参考になりました。
IoT展に行く前に予習したかったので、丁度良かったです。

2019年2月1日

読書状況 読み終わった [2019年2月1日]

・新しい仕事をやりたければ、仕事の断捨離をする。
 「任せる」「捨てる」「減らす」である。
・「忙しい」を連呼しない。「忙しいけれど、時間作れます」と回答すること。
・結果は才能よりも価値観(ビジョン)
 ただ漠然と取り組むか、高い意識を持って取り組むかで、結果は自ずと変わってくる。
・人がやらない事をやるように意識する。みんながやっていることはライバルが多く難しいから。
「質」「量」「スピードの向上」の3つ。
人がやっていないことをやって、結果を出すほうが簡単。
・リーダーの役割はメンバーの相談に乗ること。
・リーダーの仕事は、とにかく相手の話を聞くこと。
・「343(さしみ)の法則」
 ある程度やる気のある人に「一緒にがんばろう」と言えば、3割はついてきてくれる。4割は自身の能力を上げれば伝わる。残りの3割はどうあがいても伝わらない。30%確保できれば上出来ぐらいの気持ちで。
・「教える」より「任せる」
・いいリーダーは「決める」「伝える」が速くてうまい。
・やる気を維持するのには「情熱」「忍耐力」「謙虚さ」が大事
・うまくいってるのは他人のおかげ、うまくいかないのは自分のせいと考えるように
・りーだーというのは「安心」と「興奮」を同時にくれる人

2019年1月19日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2019年1月19日]
カテゴリ ビジネス・経済
読書状況 読みたい
ツイートする