【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)

3.74
  • (76)
  • (182)
  • (123)
  • (19)
  • (7)
本棚登録 : 1293
レビュー : 180
著者 :
smatogaさん 歴史   読み終わった 

おもしろい。そして、納得がいく。
天海の伝説にもつながる感じがするのと、信長の最晩年の政策などからもしっくりくる。
そして、調べていけば調べていくほど秀吉の魅力が薄れていく。司馬翁によって作られたイメージなのだと改めて痛感。そう考えると、前半の輝かしい、人好きのするイメージと晩年の朝鮮出兵など(構想は信長のもののようだが。)のこう狂った老人という相反するイメージの齟齬が埋まっていくような(前半は作られたもの)そんな感じがする。
家康共犯説。というか、家康謀殺未遂説ですな。

レビュー投稿日
2014年12月13日
読了日
2014年12月7日
本棚登録日
2014年12月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 ...』のレビューをもっとみる

『【文庫】 本能寺の変 431年目の真実 (文芸社文庫)』にsmatogaさんがつけたタグ

明智憲三郎の作品一覧

明智憲三郎の作品ランキング・新刊情報

ツイートする