新世界より(上) (講談社文庫)

3.97
  • (1118)
  • (1348)
  • (822)
  • (148)
  • (36)
本棚登録 : 10124
レビュー : 869
著者 :
SnowyYukiさん SF   読み終わった 

500ページ近い本だが、一気に読み終えた。渡辺早季による回想録という形態で書かれており、神栖66町や町を構成する七つの郷、人々の習慣、悪鬼や業魔などの背景情報について淡々と述べたあと、祝霊と通過儀礼、全人学級において麗子と学がいなくなったエピソード、バケネズミを助けたこと、それに付随してバケネズミのコロニーについての解説、そして夏季キャンプで図書館と出会い、早季と覚の孤独な土蜘蛛コロニーとの闘いが描かれ、奇狼丸によって闘いが終結したところまで。アニメが如何に忠実に作られていたかがよくわかった。
アニメでは今ひとつわかりにくかった風船犬や離塵師の死因、愧死機構についても理解できてスッキリした。

レビュー投稿日
2013年4月12日
読了日
2013年4月12日
本棚登録日
2013年4月12日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『新世界より(上) (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする