ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)

3.47
  • (28)
  • (94)
  • (95)
  • (21)
  • (7)
本棚登録 : 687
レビュー : 108
著者 :
snowtopさん 文学・評論   読み終わった 

 何らかの紛争や悲劇のあった地域を舞台にした、5編の近未来SF短編集。
 各短編に共通するのはDX9という日本製のアンドロイド。もともとは歌を歌う愛玩用だったが、ある場所では自ら落下試験をつづけ、ある場所では安価な戦闘兵として戦い、ある場所では人格のコピー保管場所とされている。
 機械人形と生物兵器が横行する世界で、争いの中の人間たちが希望を見いだそうとする構図はありふれた設定で、それを越える何かがあまり感じられなかった。ただ、この作者特有の日常と非日常をつなぐ不安定な作品はもっと読んでみたい。

レビュー投稿日
2013年7月28日
読了日
2013年7月28日
本棚登録日
2013年7月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSF...』のレビューをもっとみる

『ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ヨハネスブルグの天使たち (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)』にsnowtopさんがつけたタグ

ツイートする