NOVA+ バベル: 書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)

3.66
  • (8)
  • (19)
  • (21)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 229
レビュー : 22
snowtopさん 文学・評論   読み終わった 

 全10巻で終了したと思っていた書き下ろし日本SFアンソロジーの『NOVA』が、『NOVA+(プラス)』となって、いつのまにか第二期が始まっていた。嬉しい驚き。さすが大森望氏。これからの楽しみが増えた。
 当代きっての作家たちが腕を競っており、同じSFとは言え、好みが合わないものや首をかしげるものなど様々だが、特に宮部みゆき『戦闘員』、酉島伝法『奏で手のヌフレツン』、円城塔『Φ』がお気に入り。

レビュー投稿日
2015年11月29日
読了日
2015年11月22日
本棚登録日
2015年11月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『NOVA+ バベル: 書き下ろし日本SF...』のレビューをもっとみる

『NOVA+ バベル: 書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『NOVA+ バベル: 書き下ろし日本SFコレクション (河出文庫)』にsnowtopさんがつけたタグ

ツイートする