戦乱と民衆 (講談社現代新書)

3.46
  • (4)
  • (14)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 155
レビュー : 19
sn@散財さん  未設定  読み終わった 

面白く興味深くバラエティ豊か! 民衆はつねにか弱いのだろうか? 戦乱の一方的な犠牲者だったのだろうか? 名だたる戦乱の遠景として扱われてきた、名も無き当事者としての「民衆」の別の姿を、時代ごとに語り明かしていく。応仁の乱の前後に頻発した土一揆が、乱の期間中にぱったりと無くなっていたのは何故なのか。明治時代に入った時点で、京都市街の六割は焼失した状態だった。この視点を持って、もう一度同時代のあれこれを読み直したい、と考えさせてくれる好著。

レビュー投稿日
2019年10月29日
読了日
2019年10月29日
本棚登録日
2019年10月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦乱と民衆 (講談社現代新書)』のレビューをもっとみる

『戦乱と民衆 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする