90秒にかけた男

  • 日経BPマーケティング(日本経済新聞出版 (2017年11月1日発売)
3.67
  • (8)
  • (14)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 148
感想 : 16
4

■モノがモノではなくなる
・伝達力、感動をもっと伝えたいと思うなら、まずは自分を磨いて語り方・喋り方を徹底的に鍛える。
・商品のリンゴは、甘くておいしいだけではなく、冬の寒い時から仕込んで、家族みんなで手塩にかけて育てた背景がある。
・モノの裏にある表からは見えないもの(情熱)、それを伝えたい。
・モノではなく「ヒト」を伝える

■伝えた「つもり」は絶対に許さない
・「つもり」は自己満足。できたと満足したところでその人の成長は止まる。
・一流になっても限界はない。常に自分を高めていく。

■自分の立場からだけの見方で伝えてはいけない
・人間とは常に対極がいる。
・自分の立場しか見ないのは「我見」
・向こうから見られるのが「離見」
・両方の目で俯瞰して見れるのが「離見の見」

■一生懸命やらない失敗は、100回やってもうまくいかない。
・失敗とは試練であり、一生懸命やれば失敗で終わらない。
・自分の成長の糧になるからまた努力する。工夫する。
・それを繰り返すうちに次のハードルを越えていく。
・だから人間は試練(失敗)が大切。
・ただし一生懸命やらなかった失敗は、本当の失敗

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年12月19日
読了日 : 2021年12月19日
本棚登録日 : 2021年12月19日

みんなの感想をみる

ツイートする