フィンガーボウルの話のつづき (新潮文庫)

3.90
  • (66)
  • (79)
  • (82)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 578
レビュー : 67
著者 :
万里村和泉さん 文芸   読み終わった 

構想はあるのに、なかなか新作に取りかかれずにいる吉田君は、ゴンベエ先生の紹介でスパイスを扱う会社の小冊子に文章を寄稿することになる。
謎の作家の存在や、ビートルズの「ホワイト・アルバム」に導かれ、いくつかの物語がシンクロし始める。

2016年2月6日読了。
読むのは2度目になります。
ひとつひとつが短いお話なので、眠る前に1ひとつずつ。今回はそんな感じで読んでみたのですが、ちょうどいい感じで気持ちがゆったりできました。
余談ですが。この作品を読んでから、ずっと気になっていたビートルズの「ホワイト・アルバム」を聴いてみました。ただ、一気には聴けなかったので、ちょっと良さが半減してしまったかも。。。

レビュー投稿日
2016年2月7日
読了日
2016年2月7日
本棚登録日
2016年2月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『フィンガーボウルの話のつづき (新潮文庫...』のレビューをもっとみる

『フィンガーボウルの話のつづき (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする