終末のフール (集英社文庫)

3.64
  • (3)
  • (8)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 9
著者 :
万里村和泉さん 文芸   読み終わった 

8年後、隕石が衝突して、地球は滅亡する。
その発表があってから、世界中が荒れた。
発表から5年後の世界に生き、仙台で暮らす人々の物語を綴った連作短編集。

2016年3月23日、電子書籍にて読了。
先に挙げたあらすじだけですと、絶望の物語のようの感じられるかもしれませんが、まったく違っていました。
せつなさはあるけれど、希望と優しさに満ちていました。
伊坂さんの小説には、苦手な物もあるのですが、これはとても好きです。

レビュー投稿日
2016年3月23日
読了日
2016年3月23日
本棚登録日
2016年3月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『終末のフール (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『終末のフール (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする