新編日本古典文学全集 (6) 萬葉集 (1)

  • 小学館 (1994年4月22日発売)
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 4
3

恋は今はあらじと我は思へるを
いづくの恋そつかみかかれる 

もう恋なんてしないと心に誓う撫子も、あたらしい恋につかみかかれるかもしれません。いづくの恋そ。。 -巻四695

夕闇は道たづたづし月待ちて
いませ我が背子その間にも見む

また恋をしてしまった撫子。男をもうすこしだけ引きとめる、殺し文句はいかがですか。夜道はあぶないので、もうすこし月明かりがでるまで待ちましょう。この歌をそのままぶつければ、男はイチコロです。 -巻四709

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 文学・評論
感想投稿日 : 2010年8月12日
読了日 : 2010年8月12日
本棚登録日 : 2010年8月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする