恋って、どんな味がするの? (読書がたのしくなるニッポンの文学)

3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
solala06さん  未設定  未設定

新美南吉の「花を埋める」淡い初恋からの現実にぶち当たる青少年のリアルさ・・・い、痛々しいな・・・。
太宰治の「葉桜と魔笛」せ、切ないやんけ・・・。薄情な恋人よりも家族の愛・・・。なるほど・・・。
芥川龍之介の「お時儀」め、明治の男~~~~~!!!!女人にお辞儀するのすら躊躇われる!!そりゃ恋愛偏差値低いわ!!!っていう。
鈴木三重吉の「黒髪」一番辛かった・・・読んでて・・・。か、悲しい・・・忍ぶ恋・・・。
伊藤左千夫の「新万葉物語」あ、甘酸っぱい・・・そうそう・・・この爽やかさと生きる希望が恋のおはなし・・・。
宮沢賢治の「シグナルとシグナレス」いつもの宮沢賢治すぎて恋愛・・・恋愛??????そうだね???
森鴎外の「じいさんばあさん」は鴎外の理想の家庭が詰めつめだったな・・・。

レビュー投稿日
2019年2月10日
本棚登録日
2019年1月26日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『恋って、どんな味がするの? (読書がたの...』のレビューをもっとみる

『恋って、どんな味がするの? (読書がたのしくなるニッポンの文学)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする