ギフトライフ

著者 :
  • 新潮社 (2023年3月1日発売)
3.06
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 130
感想 : 6
3

『企業』に牛耳られている近未来の日本。 
そこは、信用をポイント化し、ポイントを対価にすべての物事をやり取りしている。 
衰退期に入り縮小化していくこの国では、安楽死が認められ、重度不適性者の生体贈与を可能にした「ギフトライフ制度」も設けられている。 
かなりのディストピアではあるが、管理され飼いならされた生活も無自覚ならばそれはそれで有りかな?なんて・・・ 
ちょっと話の展開はダレ気味。 
あぁ、この作者「芥川賞」の人なんですね

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: SF・ファンタジー・伝奇
感想投稿日 : 2023年4月7日
読了日 : 2023年4月7日
本棚登録日 : 2023年4月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする