キルラキル (1) (カドカワコミックス・エース)

制作 : TRIGGER・中島かずき 
  • 角川書店 (2013年12月2日発売)
3.14
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 96
感想 : 2
1

TRIGGER原作のハレンチ熱血バトルアニメ、キルラキルのコミカライズ。
超大作で名作を、よくもまあここまで駄作に仕上げられるもんだ。と感心します。
失敗したコミカライズは数あれど、多分上位に入るね。

絵そのものはかなり頑張ってると思うんです。
でも見せ場の戦闘シーンは、動きを感じられず単調で退屈だし
コマとコマの間も悪いし、そもそも1つ1つのコマに魅力を感じない。
キルラキル独特の疾走感を表現するのはとても難しいんだろうけど
もうちょっとなんとかなるかと思ったなあ。

アニメ版から見た人には絶対勧めないし
コミカライズ版から入ろうとする人にも絶対勧めないね。
案の定最初の山場が来る前に打ち切りになってるし
いやでもむしろよく3巻まで続いたな。と感心するべきかもしれない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2017年10月6日
読了日 : 2017年10月6日
本棚登録日 : 2017年10月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする