ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)

3.06
  • (21)
  • (45)
  • (169)
  • (34)
  • (18)
本棚登録 : 671
レビュー : 87
著者 :
パンダの眼は何かたくらんでるさん 時事評論(思想風景)   読み終わった 

「ケータイ」は残ると踏んで題に持ってきたぜ!
残念!それは「スマホ」だ。もちっと長生きしそうだぜ

『スマホとにらめっこする猿』そんな感じだぜ!

レビュー投稿日
2018年4月13日
読了日
-
本棚登録日
2018年2月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩...』のレビューをもっとみる

『ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

正高信男の作品一覧

正高信男の作品ランキング・新刊情報

ツイートする