完訳 7つの習慣 人格主義の回復

4.45
  • (240)
  • (89)
  • (38)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 2581
レビュー : 150
制作 : フランクリン・コヴィー・ジャパン 
そーまさん  未設定  読み終わった 

竹は種を蒔いて3年間根を張り続ける
”相互依存の能力”
真の成功→「持続性」「成長」

・今日の結果を出す必要性
・明日の成功に結びつく能力に投資する必要性
→2つのバランスを取る

死の床にあって思う→家族愛する人

何を見るかよりも”どのようなレンズを通してみているかが世界観を作る

「油断することなくあなたの心を守れ。生命の泉はこれから流れ出るのである」

人の行動や人間関係も「農場の法則」
真の誠実さ、根本的な人格の強さ

第一の偉大さ「優れた人格をもつこと」
第二の偉大さ「才能に対する社会的評価」

経験による条件付が私達のものの見方(パラダイム)に強い影響を与えている

相手への態度・行動は相手への見方と一致
☓世界をあるがままに観てる
○私達のあるがままの世界を見ている
 自分自身が条件づけした状態で世界を見ている

「パラダイム・シフト」→「アハ体験」したときに起こる

誠実・信頼・人間の尊厳・奉仕・貢献・本質・美徳

社会を含め自然界の全ては生態系という「相互依存」で成り立っている

「相互依存」→他者を愛し、与え、他者からの愛を受け止める

☆「私的成功」が「公的成功」に先立つ→内から外へ

真に自立した人間→効果的な相互依存の土台
P/Cバランス:成果productionと能力production capability→ガチョウの卵

7つの習慣
①主体的である
自分自身の思考プロセスを考える→「自覚」
「刺激と反応の間には選択の自由が存在する」
→自覚・想像・良心・意志

人生で体験することにどう反応するかが大切

resourcefulness知恵とinitiative率先力

「愛(Love)」は動詞
haveとbe
後者を大きくしていく

②終わりを思い描くことから始める
→能率的・効率的に
すべてのものは二度作られる(知的・物質的)
第一の知的想像をすること

まず必要とされるのはリーダーシップ
→正しい方向に進んでいくための創造的リーダーシップがないとマネジメント外貨に優れていても失敗する
リーダーシップとマネジメントの差を理解する

☆原則中心で生きる
書く→精神・神経・筋肉に作用する

③再優先事項を優先する
右脳でリーダーシップ、左脳でマネジメント
自らの嫌だという感情を目的意識の強さで服従させる

☆「目的意識」と「使命感」

時間管理の本質→「優先順位をつけ、それを実行する」

今の時代:人間関係を維持し、強くしながら結果を出す
緊急ではないが重要なことに目を向ける

パレートの法則:活動の20%が結果の80%を産む

「形態は機能に従う」

☆優先すべきことをスケジュールにする

物は効率で考えられる:人は効果で考える
マネジメント→てこの支点をずらすこと
手段ではなく、何を達成するか

全体的なデリゲーション:「信頼」
自分をコントロール・ほんとうの意味で自立→真の自尊心

・期待の内容をはっきりと示す
・その場にいない人に対して忠実になること
 無条件の愛

④win-winをかんがえる
防衛的になれば創造的にも協力的にもならない
No Dealの選択肢:合意することに合意しない→余裕を持つことができる

☆「win-win or No-Deal」

人格・人間関係・協定・システム・プロセス

依存→自立→相互依存
すべての関係者が充実した人生を生きられるようにするのがリーダーの基本的役割

勇気と思いやり

win-win実効協定でコントロールできる結果に対する評価
金銭的、心理的、機会・責任

⑤まず理解に徹し、そして理解される
聞くのレベル
①相手を無視して全く聞かない
②聞くふりをする
③選択的に聞く態度
④注意して聞く
⑤共感による慶長→相手を理解しようと聴く

*共感と同情は違う

コミュニケーション
→10%言葉
 30%音や声のトーン
 60%ボディランゲージ
  →眼と心を使う

相手の気持を言葉にする

⑥シナジー(相乗効果)を創り出す
二人の人間が違う意見を主張したとき論理的に二人が正しいことはない
→心理的になら二人が正しいこともあり得る

・必ず第三の案があるはずだと思えない限り自分だけの解釈の限界を超えることはできない
成長と変化を妨げるネガティブな力に対応するときにこそシナジーが特に協力になる

⑦刃を研ぐ
バランスの取れた健全な生活をおくるための基本価値
①観点
②自律性
③つながり
④体調

本を読む→パラダイムが広がる

・他者と創造的に協力する
・他の人の人生が良くなるように奉仕する

高い次元で学び決意し実行する

☆「刺激と反応の間にはスペースが有る」

レビュー投稿日
2019年4月20日
読了日
2019年4月20日
本棚登録日
2019年4月20日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』のレビューをもっとみる

『完訳 7つの習慣 人格主義の回復』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする