聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)

3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
著者 :
tamakoさん ミステリ日本   読み終わった 

シリーズ2作目。
結婚式で同じ盃を回し飲みしたうちの数人だけが死ぬという奇妙な毒殺事件に上苙が挑戦。今回は奇蹟の実在を証明できるのか。
前半は面白く、第一部のラストは衝撃だったが、後半の怒濤の多重解決はちょっと飽きたかも。
それでも珍説奇説が提示されるたびに登場する「その可能性はすでに考えた」という決め台詞はワクワクしたし、次作が楽しみ。

レビュー投稿日
2017年1月6日
読了日
2017年1月2日
本棚登録日
2017年1月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (...』のレビューをもっとみる

『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた (講談社ノベルス)』にtamakoさんがつけたタグ

ツイートする