山峡の章 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA (1975年12月23日発売)
3.43
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 5
4

松本清張ならではの時代設定なので、そっかそっか!携帯がなかったんだった!と思ってちょっと面白かった。
何ひとつ無駄がなく、読者をひきつける内容であった。
官僚の政治的背景が見れたことはよかったが、本当にこんなことを行っているとなったのなら背筋が凍るくらい怖い。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 和書
感想投稿日 : 2017年9月20日
読了日 : 2017年9月20日
本棚登録日 : 2017年9月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする