ふる (河出文庫)

3.14
  • (19)
  • (76)
  • (143)
  • (57)
  • (7)
本棚登録 : 1065
レビュー : 121
著者 :
soniagandhiさん 和書   読み終わった 

自分自身も今隣にいる誰かも、結局は誰かにとって忘れ去られてしまう人物の一人だし、自分だって今までの人生の中で出会ったクラスメートの半分も思い出せないのではないか。そうやって、どうでもいい事を無意識のうちに排除している。
でもそれでいいし、そうでないと生きてられない。人は、ある程度の許容量しか脳が体が受け付けられない。無限に許容はできないんだなと。
だから、そんなに失望する理由もないし、気負わなくてもいい。しっかり前を向いて、今自分がすることや大好きな人たちに囲まれてさえいればいいんでないですかね。

レビュー投稿日
2018年8月11日
読了日
2018年8月11日
本棚登録日
2018年8月11日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ふる (河出文庫)』のレビューをもっとみる

『ふる (河出文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする