娼年 (集英社文庫)

3.43
  • (597)
  • (1042)
  • (2405)
  • (272)
  • (51)
本棚登録 : 8961
レビュー : 1118
著者 :
sor0209さん  未設定  読み終わった 

私の記憶が正しければ、石田衣良の作品で一番最初に手にとったもの。

最初は、タイトル買いと言ってもおかしくなかったけど、最後は、こんなにも人間という生き物を繊細に描ける能力に圧倒されたのを覚えている。

内容も、艶っぽいけどどこかさみしく、どこか切ない。
氷の彫刻のような作品。

レビュー投稿日
2012年11月23日
読了日
2012年11月23日
本棚登録日
2012年11月23日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『娼年 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『娼年 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

さむさん (2013年2月22日)

>氷の彫刻のような作品。
素敵な表現だなと思いました。
この本を読んで、寂しげで、でも美しいと私は思いました。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする