川あかり (双葉文庫)

3.77
  • (37)
  • (80)
  • (67)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 525
レビュー : 57
著者 :
空きみさん 歴史・時代   読み終わった 

長雨の増水で橋手前の村で足止めをされ,途方に暮れる若侍の伊東七十郎.藩で一番の臆病者に命じられた任務は対岸にいる家老の暗殺.気弱な七十郎に降りかかる災難の数々.悪戦苦闘の中,人々の優しさに触れ,七十郎の心は大きく揺れる.そして,ついにその時がやってきた・・・.何作か葉室さんの時代小説を読んでいて,どの作品もとても面白いけど,その中でも一番好きな作品になりました.そして思わず含み笑いをしてしまう結末は最高に清々しい余韻を残してくれる.時代小説が好きな方は,ぜひ読んで欲しい一冊.

レビュー投稿日
2014年3月9日
読了日
2014年3月9日
本棚登録日
2014年3月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『川あかり (双葉文庫)』のレビューをもっとみる

『川あかり (双葉文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする