統計学が最強の学問である

3.69
  • (17)
  • (51)
  • (36)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 416
レビュー : 37
著者 :
sosolasoさん ビジネス   読み終わった 

【この商品は1冊単品版です。「最強の学問『統計学』」(週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.11))(定価300円・税抜)とセットになったお得なサービスパック版(2冊で1400円/税抜)も販売しています。詳しくは『ダイヤモンド社 統計学』で検索ください】

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。

どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。

「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。



本書では最新の事例と研究結果をもとに、基礎知識を押さえたうえで統計学の主要6分野

◎社会調査法

◎疫学・生物統計学

◎心理統計学

◎データマイニング

◎テキストマイニング

◎計量経済学

を横断的に解説するという、今までにない切り口で統計学の世界を案内する。



------



統計学によって得られる最善の道を使えば、お金を儲けることも、自分の知性を磨くことも、健康になることもずいぶんと楽になるだろう。
だがそれはあくまで副産物である。統計リテラシーによって手に入る最も大きな価値は、自分の人生を自分がいつでも最善にコントロールできるという幸福な実感なのだ。

著者について
1981年生まれ。東京大学医学部卒(生物統計学専攻)。東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長、ダナファーバー/ハーバード がん研究センター客員研究員を経て、現在はデータに基いて社会にイノベーションを起こすための様々なプロジェクトにおいて調査、分析、システム開発および戦略立案をコンサルティングする。著書に『コトラーが教えてくれたこと』(ぱる出版)、『サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている』(マイナビ新書)、『世界一やさしくわかる医療統計』(秀和システム)など

レビュー投稿日
2017年1月20日
読了日
2017年1月20日
本棚登録日
2017年1月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『統計学が最強の学問である』のレビューをもっとみる

西内啓の作品一覧

西内啓の作品ランキング・新刊情報

ツイートする