県庁おもてなし課 (角川文庫)

4.06
  • (973)
  • (1332)
  • (561)
  • (94)
  • (13)
本棚登録 : 10111
レビュー : 906
著者 :
あおさん   日本文学   読み終わった 

いつもの有川作品のような恋愛のときめきは
あまり得られなかったものの、
物語のストーリーはとても面白かった。
県庁と民間の感覚の差は実話を元にしたリアルのものであり、「なるほど。」と考えさせられること、学ぶことがたくさんあった。
また、斬新な発想を目の当たりにし
ワクワクする気持ちと共に圧倒された自分がいた。
こんな人が県をつくっていったら...
県のもっている天然の素材をうまく活かす。
簡単なようで難しいこのことができたら
もっともっとそれぞれの県のカラーがみえ
たくさんの未来の光を魅せる観光の役割として
すばらしいものが果たせるのではないかと、そう思った
たくさんのことを考えさせられ、
頭の柔軟性や視野を広げ、変えてしまう。
すばらしい作品に出会えたことを感謝し、
この知識を自分の先に役立てることができればと思う。

レビュー投稿日
2014年9月17日
読了日
2014年9月17日
本棚登録日
2013年4月5日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『県庁おもてなし課 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『県庁おもてなし課 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『県庁おもてなし課 (角川文庫)』にあおさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする