孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

4.05
  • (291)
  • (173)
  • (246)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1475
レビュー : 223
著者 :
東屋さん 小説   未設定

主人公は普通に結婚しますけども。
これはもう、乱歩の書いた悲恋系BL小説として読みました。
乱歩になんてこと言ってるんだ、と思った未読の貴方、一回読んでみてください。
諸戸視点で小説を展開し直すと、そうにしか見えなくなりますから。
諸戸があまりにも一途で、というと聞こえがいいですが、あの人、一歩間違ったらストーカーですよ。
主人公の箕浦も諸戸を突き放すのか、ホイホイ誘いに乗るのか、どっちかにしなさい! と言いたくなる態度。
しかし最後が悲しく寂しいのに美しい。

レビュー投稿日
2010年9月27日
本棚登録日
2010年9月26日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小...』のレビューをもっとみる

『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)』に東屋さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする