私のあやふやな日本語を支えてくれる愛用の辞典。
 たまに心に突き刺さるようなことを言ってくれる。

カテゴリ 辞典

 神話について少しでも興味があるなら買うべき事典。
 事典とはあるが、てきとうなページを開いてのんびり読むだけでも何時間かつぶれるほどおもしろい。
 専門家の先生が詳しく神々について解説を記しているため、知っていた神の知らなかったエピソード、学術的に正しいエピソードを教えてくれる。
 巻末には、「雷」「冥界」「鮭」「神の子」といったワードから関連する神々を探せるという便利でおもしろい索引がある。

カテゴリ 辞典

 シュメール神話上の神にフォーカスを当て、たくさんの図説と写真にて解説をしてくれる一冊。
 とにかく写真が豊富で、写真をパラパラと見るだけでもおもしろい。古代の美術に興味がある方にもオススメ。
 巻末には神々の一覧があり、簡単に調べられるようになっている。

2016年10月31日

読書状況 読み終わった [2016年10月31日]
カテゴリ シュメール神話

 現在分かっている限りのシュメール文化について解説してくれる一冊。
 文字・教育・戦争・儀礼・信仰など、あらゆる側面からシュメール人を浮き彫りにしていく。

2016年10月31日

読書状況 読み終わった [2016年10月31日]

 シュメール神話の原文(日本語訳)を交えつつ解説している。
 絵や写真が多く、目からも情報が入る。また解説も細かくわかりやすい。
 いわゆる「神話」の部分のみ取り上げられている。シュメール神話を詳しく知りたい方にオススメする。
 

2016年10月31日

読書状況 読み終わった [2016年10月31日]
カテゴリ シュメール神話

 おそらく最新の日本語訳であろうシュメール神話集。手っ取り早くシュメール神話を読みたい人にはかなりオススメ。神話だけではなく讃歌なども収録されている。
 文章は叙事詩の翻訳ともあり、頭に入ってきにくい部分もあるが、滑らかな文章にするための修正が()付きで施されているので、なかなか理解できないというほどではない。
 解説が短くとも詳しく物語やその背景について語っているので参考になる。

2016年10月31日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2016年10月31日]
カテゴリ シュメール神話
ツイートする