日の丸家電の命運 パナソニック、ソニー、シャープは再生するか (小学館101新書)

2.79
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 6
著者 :
大豆さん 仕事   読み終わった 

「現在、企業が行っているのは「何がつくれるか」の競争ではなく、「売れるものをつくれるかどうか」の競争です」
8大電機メーカーについて書かれた本。
肯定も否定も「集中と選択」という言葉で語っており、結果論的な印象を感じた。
しかし、現在の電機メーカーをさっと理解するには十分である。

レビュー投稿日
2013年3月28日
読了日
2013年3月28日
本棚登録日
2013年3月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『日の丸家電の命運 パナソニック、ソニー、...』のレビューをもっとみる

『日の丸家電の命運 パナソニック、ソニー、シャープは再生するか (小学館101新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする