クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)

3.52
  • (487)
  • (484)
  • (1611)
  • (52)
  • (11)
本棚登録 : 4755
レビュー : 419
著者 :
制作 : take 
spa3dareさん ラノベ   未設定

「紫木一姫って生徒を学園から救い出すのが、今回のあたしのお仕事」「救い出すって…まるで学園がその娘を拘禁してるみたいな言い方ですね」人類最強の請負人、哀川潤から舞い込んだ奇妙な依頼に従って私立澄百合学園、またの名を“首吊高校”に潜入した「ぼく」こと“戯言遣い・いーちゃん”は恐るべき殺戮の嵐に巻き込まれるー。新青春エンタの真打ち、「戯言シリーズ」。,"この話は零崎シリーズを読んだ後に読んだんですね。
『えー!!』


零崎シリーズの冒頭で死んだように眠っていた紫木一姫が!!
高校一年生になった玉藻ちゃん殺しちゃったんだけど・・・!?
萩さんも死んだ・・・。


どっ、どういう。

つか、零崎さんの物語
過去の話ですが、書かれたのはだいぶ後でしょ。


ほんまにあっけなく二人のこと殺しちゃってさぁ

絶対に後悔しただろね。

玉藻ちゃんなんて絶対に死なないと思ったのに三巻であっさり一姫に殺されてるし。。。。



もっと読みたくなってきたな。。。

レビュー投稿日
2016年9月25日
本棚登録日
2016年9月25日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (...』のレビューをもっとみる

『クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする