世界のひきこもり 地下茎コスモポリタニズムの出現

  • 寿郎社 (2020年10月23日発売)
3.67
  • (6)
  • (10)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 202
感想 : 15
4

「ひきこもり」と言ってもいろいろな人がいて、著者のような「そとこもり」もひきこもりの中に入るなら、ひきこもりよりひきこもりみたいな「普通の人」はたくさんいるような気がする。現在のネット上で世界中の人と繋がっている著者は、やはり「普通の人」よりひきこもりでないような気がする。
コロナ禍でオンラインが対面と完全に同等と扱われるようになり、この先も今以上にずっと進んでいくなら、ひきこもりは標準となり、著者は先駆者ではないか。
自分で書いていながら、そもそも「ひきこもり」の定義がわからなくなってきた。私の方がひきこもりのような気がする。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年2月8日
読了日 : 2021年2月8日
本棚登録日 : 2021年1月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする