F―落第生 (角川文庫)

3.29
  • (19)
  • (34)
  • (140)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 387
レビュー : 37
著者 :
あをだまさん 日本/小説/作者さ   読み終わった 

再読。やはり勝利者より敗北者の物語が肌に合う。気持ちが手に取るようにわかるのは、経験値がそうさせるのか作者の力量か。基本的には傷持つ身の女が、それでも最後に一条の光を見いだせる結末ばかりなのでハピエンではある。「忘れられなくて」は「最後の一文」小説かも。良品

レビュー投稿日
2012年10月31日
読了日
2012年9月10日
本棚登録日
2012年9月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『F―落第生 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『F―落第生 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『F―落第生 (角川文庫)』にあをだまさんがつけたタグ

ツイートする