妖怪と小説家 (富士見L文庫)

3.78
  • (9)
  • (6)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 101
レビュー : 11
著者 :
制作 : けーしん 
こうもりさん  未設定  読み終わった 

壱の話からじんわりと怖かったです。妖怪は昔からそこに在る存在で、その存在に少しだけ道が触れてしまうだけという雰囲気が新鮮でした。関わりすぎない、妖怪の世界と小説家の世界が交わることもない、でも互いにそこにあって生きている、そんな雰囲気が面白かったです。ダザイ先生はチャーミングだな。

レビュー投稿日
2016年8月20日
読了日
2016年8月20日
本棚登録日
2016年8月20日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『妖怪と小説家 (富士見L文庫)』のレビューをもっとみる

『妖怪と小説家 (富士見L文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする