陰陽師 (文春文庫)

3.78
  • (469)
  • (483)
  • (783)
  • (29)
  • (5)
本棚登録 : 3714
レビュー : 426
著者 :
らりるれりとん。さん  未設定  読み終わった 

「在るということが一番の不思議だぞ」という話の流れがいっとうに好きだ。人には意識があって、丹精込めて何かを作りあげたそれを大事に思えばそこに何かが宿っても不思議ではないであろうし、そうしたらほとけさまあたりは、そりゃあ時を越えて幾許の人に拝まれているのだから何かしらは、と思い馳せる。無い、とは言えないからこそ、在るということが不思議で。ただそこに、在る。ということが。偶然出会った人がいまだに目の前にいることも、偶然、そこに石ころがあることすら。何が必然で、何が偶然か、なんて、そこに意味を含ませてゆくのは結局、人なのだな、と。「白い闇だ」という表現にはっとした。どこまでも深く、積もる。切ない闇だ。

レビュー投稿日
2019年7月1日
読了日
2019年7月1日
本棚登録日
2019年7月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『陰陽師 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『陰陽師 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする