錯覚の心理学 (講談社現代新書 1233)

著者 :
  • 講談社 (1995年1月1日発売)
3.14
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 1
3

本書は初めに、次のように書いています。
「錯覚は人をひきつけてやまない。第一に驚くと共に不思議を感じる。目だましを食らうのは自分であるのに、なんとも楽しくてしかたがない。」
そして、本題として私たちが良く知っている錯覚のアレコレを紹介。
錯覚・錯視の歴史・博物館などが数々挙げられていて、それだけでも十分楽しめます。
では、この錯覚や錯視が何故おこるか?
また、それを楽しもうという心理が何故働くか、、、という事も縷々述べられています。
感覚と心。
感覚は変わりやすく不正確である。そこで心の働きが外界の正確な写しを作り出し、ゆがみを正すという考え方。
その一方出、感覚は本来正確で環境の真実の姿を捉える様にできている。限界があるのは心であり間違うのも判断能力であると言う考え方。
その二つの考え方の「橋渡し」となるのが錯覚の研究であると本書は言う。

「目はだまされるものである」
と、いうのが錯視の正体なのかもしれません。
私たちは、自分たちの感覚を信じて日常を送っています。
空を見上がれば月が輝いている。
しかし、同じ月なのに、天頂の月と地平のそれとは大きさが違って見える。
何故?
あるべきところにあるものが見えない。
またあるにもかかわらず見えない。
何故?
そんな、あんなこんなを分析して、更には3Dにまで話は及びます。
しかし、今にいたっても錯視の本態が何か分かっていないという。
そして最後に著者は言う。
錯覚は時代により、その範囲と形を変えていく。

つまり、
つまり、
昔の人が見た月と現代の我々が見る月は微妙に違うのだろうか???

心も感覚も「絶対」ではありえない。
変わるものである。
と、するなら人は変わることができるし、変わらなければならない。

「そこにある」
「今、ここにある」
それは絶対ではあるが、しかし同時に不確かなものであるとしたなら、
私たちが、生きる上で何をもって糧・指針とするかと言えば、
「空=くう」なのかもしれません。
多分、これとて錯覚かぁ、、、
と、思えば実に深みがあり極みが見え、
蒼穹に吸われていく気がして面白い。
深みにはまります。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年6月27日
読了日 : 2013年6月27日
本棚登録日 : 2013年6月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする