自分のアタマで考えよう

3.96
  • (587)
  • (896)
  • (454)
  • (79)
  • (18)
本棚登録 : 6213
レビュー : 875
著者 :
制作 : 良知高行 
stammkneipeさん  未設定  読み終わった 

ブロガーである「ちきりん」の本。
思考の切り口が面白かった一冊。

常に自分の頭で考えるっていうのは、
知識に踊らされることなく、目の前にあるもので、
考え、仮説を立てていくもの。

☆Key point☆
○思考を視覚化する⇒常に自分の言動を絵やグラフで表せるようにする。
○レベルを合わせる⇒議論などの際には、自分たちがどの階層の話を
行っているかを常に把握。
○「判断基準」の多さが、決断できない原因⇒選択肢は多くてもいいが、判断基準は2つほどで十分。

レビュー投稿日
2013年3月15日
読了日
2013年3月9日
本棚登録日
2013年3月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自分のアタマで考えよう』のレビューをもっとみる

『自分のアタマで考えよう』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『自分のアタマで考えよう』にstammkneipeさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ちきりんの作品一覧

ちきりんの作品ランキング・新刊情報

ツイートする