稲盛和夫の哲学 人は何のために生きるのか (PHP文庫)

3.69
  • (31)
  • (33)
  • (59)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 367
レビュー : 35
著者 :
stammkneipeさん  未設定  読み終わった 

哲学、もとい仏教的な考えが織り込まれている本でした。
著者の稲盛和夫さんは科学者である一方で、こういった哲学や宗教的な考えも大事にしています。

思えば、スティーブ・ジョブズもそうでした。彼も禅から多くを学び、自然科学と人文科学が交差するような製品作りをしていました。

理論的なことも大事にしつつ、心情的なことも大事にする、一見両者は相反しているかもしれないけれども、両者を大事にする事が大事なのだと思いました。

本書にも、

「事業を展開していくときに、情で判断し、情で行動したら、収集がつかなくなります。また、情で判断して、理性で行動しても、道を誤ります。かといって、理性で判断し、理性で対応したら、誰もついてきません。」

「大事なことは、最初の段階では理性で考え、実際の対応について情をつけることだと思います。」と書かれています。

他にも、沢山の印象に残った部分があります。中でも特に、

「私は『人間が他の生命、他の動物と同じ存在』とする考え方が、結局は人間の価値を低からしめることになっているように感じます。もっとも価値ある存在だということをもっと強調して、その誇りに伴う責任を自覚するよう、私たちは自分自身に対する見方を変えていかなければなりません。」

という部分です。

僕が今まで聴いてきた考え方は、「人間は他の生命と同じだから、自然のサイクルに沿うような生き方をしていかなければならない。」というものでした。

それとは、全く正反対な著者の考え方。これは言うなれば、人間至上主義に通ずるのではないか、という疑問も持ってしまいました。
それでも、責任を持っていることを自覚すれば、確かに行動出来るかもしれない。そして、何よりも著書の考え方を真に正しいものにする為には、人の為、世の為という「利他の心」を持ってこそだと思いました。

だから、いつだって自分の心を高める必要性があると感じました。

レビュー投稿日
2012年5月19日
読了日
2012年5月19日
本棚登録日
2012年5月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『稲盛和夫の哲学 人は何のために生きるのか...』のレビューをもっとみる

『稲盛和夫の哲学 人は何のために生きるのか (PHP文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『稲盛和夫の哲学 人は何のために生きるのか (PHP文庫)』にstammkneipeさんがつけたタグ

ツイートする