若きサムライのために (文春文庫)

3.45
  • (78)
  • (125)
  • (294)
  • (35)
  • (2)
本棚登録 : 1532
レビュー : 139
著者 :
ザムザさん    読み終わった 

 エッセイと対談集からなる作品。対談では猪木正道、福田赳夫、福田恆存の各々との対談を収録している。2012年11月現在、我々は領土問題、米軍基地問題など、昭和40年代に書かれたこの本と同様の問題を解決出来ずに持ち越したままである。そういった現在における政治の要素も、この本を読んでいる時に自然と思い浮かべてしまうのではないのだろうか。
 この中に書かれている左翼、右翼と現在の左翼、右翼では訴えていることが入れ替わっている部分があり、面白い。自己啓発本のような扱いを受けかねないところもあるが、当時の思想の一つを知ることが出来る史料として読んでも面白いかもしれない。

レビュー投稿日
2012年11月30日
読了日
2012年11月30日
本棚登録日
2012年11月30日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『若きサムライのために (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『若きサムライのために (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする